仕合わせ暮らし@タイランド

~タイの生活、日々の想いを綴ろう!~

タイのスーパーマーケット情報⑤ Makro(マクロ)

タイのコストコ的な存在、業務用スーパーのMakro(マクロ)

最近テスコロータスを買収した、タイの大手財閥CPグループが運営。

食料品だけでなく、家電や事務用品まで販売する巨大な業務用スーパーのMakroと、食料品と日用品のみを扱うMakro Food Serviceの、二つの形態のスーパーを運営している。

業務用スーパーなのでもちろん大容量の商品もあるのだが、そうではない小分けにされている商品もたくさん。そして安い。一般家庭にもおすすめのスーパーだ。

f:id:amo_tomate:20200601203223j:plain

Makro スクンビット71店(プラカノン)

 

スーパーマーケット”Makro”の特徴

※あくまでも個人的な主観での特徴

価格帯:◎

:安い。この一言に尽きる。全商品ではないが、相対的には、庶民派スーパーのビッグシーやテスコロータスよりも安く購入できる。

青果:◎

:価格は安い。小袋に入っていても量り売りする商品がほとんどで、バーコードが貼られていない商品は基本的に量り売りするものと考えたほうがよい。野菜は種類も豊富で、長ネギやレンコン、山芋まで販売している。果物の種類は多いほうではない。

精肉・鮮魚:○

:あらゆる部位の鶏肉や豚肉を販売している。大きいサイズの豚肉のブロックが購入できる。青果と同じく基本的には量り売り。牛肉も種類は少ないが購入可。

鮮魚は高級魚は置いていないが、種類は多め。精肉も鮮魚も入荷のタイミングによって新鮮なときとそうでないときがあるので、確認して購入したほうがよい。

日配(デイリー):◎

:冷凍食品の種類が豊富。牛・豚・鶏肉の冷凍品から、冷凍パンやパイ生地、調理済みの冷凍食品まで揃っている。大容量のチーズやクリームなども購入可。"Aro"というMakroのオリジナルブランドの商品もある。牛乳などは他のスーパーよりも50サタンほど価格が高い。

グロサリー:○

:大規模店のMakroには、調味料や粉もの、缶詰やお菓子など、種類も豊富に揃っている。Makro Food Serviceは、基本的な商品は揃っているが、種類はあまりない。店舗によって品揃えが異なってくるので、店を要確認。

日用品:△

:大規模店のMakroは種類もそこそこ揃っているが、食料品に特化しているMakro Food Serviceには、基本的にMakroのオリジナルブランドのみを置いている。

日本の食材:○

:豆腐などデイリー食品は、種類が少なめだが、飲食店が利用しそうな日本食材は揃っている。醤油やみりん、鰹節やだしなどの調味料、海苔や餅、カレールーなど。大容量のものがほとんどなので、一般家庭には使い勝手が少々悪いが、どこのスーパーよりも安いのは確か。

f:id:amo_tomate:20200601202905j:plain
f:id:amo_tomate:20200601202854j:plain
f:id:amo_tomate:20200601202802j:plain



”Makro”での個人的なおすすめ

  • 生鮮食品は、他のスーパーと比較して圧倒的に安い。ロイヤルプロジェクトの野菜も他より安く買えたりする。個人的おすすめは、"Honey Queen Tomato"というミニトマトでとても甘い。しかも価格が1キロ65bahtという安さ。(量り売りだが、だいたい500g程度入って1袋で売っている。)甘いトマトが好きな人は一度試してみてほしい。

      f:id:amo_tomate:20200601202958j:plain

  • 200gに小分けされたパックが5つ入った冷凍の豚肉や鶏肉があり、ストックしておくと便利。小分けになっているので使い勝手がよい。安いオーストラリア産の牛肉なども冷凍で売られていて、安くてもいいから牛肉が食べたい!というときにはおすすめ。
  • 大型店舗では、いろいろな商品が安くまとめ売りされているので、缶詰やお菓子、ジュースなど日持ちする商品は買っておくとお得。質はいまいちなものもあるが、大型店舗には、お皿や事務用品なども売っているので、見ていて楽しい。

 

主な店舗の所在地

大規模店 Makro
  • Sathorn(サトーン):ナラティワート通りにある店舗。BTSのChong Nonsi(チョンノンシー)駅が最寄りだが、徒歩だと20分かかる。Chong Nonsi駅からBRT(バス高速交通)を利用してYen Akat駅までいくと近い。

 

  • Lardprao(ラップラオ):ラップラオ通りにある店舗。"The mall bangkapi"(ザ・モール・バンカピ)という大型ショッピングモールが隣接している。センセープ運河ボートでThe mall bangkapiの船着き場から徒歩5分。BTSやMRTの駅は現在近くにないが、建設中なので数年後にはさらに行きやすくなるだろう。

 

中規模店 Makro Food Service
  • Thong Lor(トンロー):トンローのSoi9と11の間のSoiにある店舗。BTSのThong Lor 駅から徒歩約15分。4階建てになっていて、生鮮食品の品ぞろえはあまり良くないが、冷凍食品は種類豊富に取り扱っている。

 

  • Sukhumvit 71(スクンビット71):プリディー通り(プラカノン)にある店舗。道を挟んで向かいにはMaxValuもある。BTS Phra Khanong(プラカノン)駅から徒歩約10分。比較的大きい店舗で、生鮮食品の取り扱いが多い。

 

会員カード

以前は会員カードがないと購入できなかったが、現在は会員でなくても誰でも購入可能。会員になると、会員特別のプロモーション価格で購入できる。

MakroのHPには業者対象の会員カードと書かれているが、現在はサービスカンターにて一般人でも会員カードの申込可能。

 

オンラインショップ

オンラインでも購入可能。1,000baht以上の注文で購入が可能となる。送料は場所や商品によって変動する。送料無料ではないので残念だが、もともとの価格が安いので、送料分のもとはすぐに取れそう。

オンラインサイトとアプリから購入可能。

Makro

Makro

  • SIAM MAKRO PUBLIC COMPANY LIMITED
  • ライフスタイル
  • 無料

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村